top of page

キャリアの軌跡 山名 征三

先見性、柔軟性、戦略、スピードすべてに卓越したものが要求される


1964 岡山大学医学部医学部卒業

1969 医学博士号取得(免疫学)

1970 オーストラリア、モナシュ州火学(メルボ

ルン)大学院博士課程に入学。

    免疫アレルギー学専攻

1973 Doctor of phylosophy (Ph.D)の称号授与

1979 岡山大学医学部附属病院講師拝命

1980 西条中央病院院長就任

1994 東広島記念病院 広島リウマチ・膠原病

    センター創立

1998 広島生活習慣病健診センター創立

    (東広島市)

2002 医療法人社団 ヤマナ会設立

2010 東広島整形外科クリニック併合

2011 広島生活習慣病・がん健診センター設立(広島市)


■ Academic Relations (1) Japanese Association of Rheumatology Specialist / Caregiver (2) First Rhetorical Association of Japanese Rheumatology Chinese and Shikoku branch meeting president (3) Japan Clinical Rheumatology Association Achievement Member (4) Japan Allergy Society Achievement Member (5) Japan Clinical Immunology Association merit member (6) Japanese Academy of Sciences certified physician ■ Ministry of Health and Welfare Group Meeting  Ministry of Health and Welfare Research group for rheumatoid arthritis · members (former)  Ministry of Health and Welfare Specific Disease Behcet's Disease Research Group / Group Member (former)  Ministry of Health and Welfare Specific Disease Pulmonary Fibrosis Research Study Group · Former member ■ Regional meetings  Hiroshima prefecture rheumatology physician association first foundation president (original)  Hiroshima rheumatology research association founded representative caretaker (former)  Hirojima collagen disease case study meeting (study group) founder representative caretaker (former) ■ Qualifications  The Best Doctors in Japan (ACR USA)  Member of the Japan Rheumatic Foundation Health Review Committee


医師としてのターニングポイントは

1.学生時代

 学生時代にはよく遊び試験に落ちない程度の勉強のごく平凡なものであった。このころより気持ちは海外に向かっていた。英語圏のどこかの国で税金を払う生活をしてその後、開業でもしてのんびり人生を過ごしたいと思っていた記憶は鮮明に残っている。

 現実は全くかけ離れたものであるが。

 学3の時、曽我部、安田と私の3人で北アルプスの最深部三叉蓮華に当時既に山小屋を開業していた伊藤正一さんと相語り、岡大山岳診療所を開設したことは今でも思い出深い。半世紀を経た今も活発に診療活動をしていると聞くと嬉しい。


2.インターン時代

 昭和39年、東京都立川市で1年間のインターン生活を過ごした。全国の国公立大学出身者15名と山吹寮で共同生活を行い、全国に知己を得た。40年を経て相集い毎年各自の出身地をめぐり、観光,昔話に旧交を温めている。私の医師の卵としてのスタートであった。今にして全国にこのような友人がいるということが如何に人生を豊かにしてくれるか、お互いかみしめている。


3.医局時代

 昭和40年、岡山大学第二内科へ入局。免疫血液学を専攻し、当時世界的に勃興気にあった細胞性免疫学に深く入り込む。この頃、リンパ球は細胞性免疫に関わっているということは分かっていたが、大中小とサイズで分けられていた時代で、T-リンパ球、B-リンパ球の概念はなかった。昭和44年“抗リンパ球抗体の研究”で医学博士号を受ける。【写真1】


 当時としてはこの研究は画期的で、抗胸腺細胞血清は細胞性免疫を完全に抑制するが、抗脾細胞血清はほとんど抑制しないという明確な差異を発見した。姿、形の同じリンパ球が臓器が別だと異なる抗原性を有することに気づくが、T-リンパ球、B-リンパ球の概念のない状況下でその意味するところが理解できなかった。多くの著名な免疫学者,同輩,先輩に相談をかけたが、いずれからも回答は得られなかった。これが後に胸腺リンパ球、すなわちT‐リンパ球,脾臓のリンパ球はB‐リンパ球と判明することになる。このデータを解析しきれなかった自分を今も悔やんでいる。














[写真1]山名征三,抗リンパ球血清に関する研究 ―抗マウス胸腺細胞血清の特異性―,アレルギー18-9,731-741,1969




4.メルボルン時代

 昭和45年5月、メルボルンのモナシュ州立大学にPh.D.として留学。抗胸腺細胞血清の研究を続け、より高力価の抗体を作製すべく、連続比重遠沈法で比重別に分けた胸腺リンパ球を用いて、抗血清を作製するも有意差を認めず失敗に終わった。しかし、関連研究でImmunology等へ4編の論文を上梓した。Monash 州立大学(メルボルン)の免疫病理学教室のメンバーに混じり、Ph.D.時代を過ごす。【写真2】

 メルボルンには当時メルボルン学派と呼ばれるグループが存在し、世界の免疫学をリードしていた。その中心はノーベル賞受賞者Sir Burnettに始まるWalter&Eliza Hall Instituteで多彩な研究者が嘩を競っていた。Neonatal thymectomyで有名なJ.Miller、単個細胞の培養でOne cell、One cloneを証明したG.Nossal、Autoimmune diseaseなる言葉を提起したMackay、蛍光抗体法の生みの親R.Nairnなどが第一線で活躍していた。

 メルボルン時代を含め得た教訓は、研究は明確な作業仮説を持って組み立て、理解不明なデータは徹底的に究明すべきであるということである。大きな発見を逃すことがある。アイディアと柔軟な発想が勝負だということ。オーストラリアでのものにあふれた素晴らしい研究所生活で、私のアイディアは止まり、むしろ訪豪前の日本の乏しい環境下のほうがアイディアが湯水のごとく湧き出ていたことを思い出し、鉛筆と紙だけの中にこそ“閃き”が湧いてくることを実感したことも覚えている。しかし、今の時代は必ずしもこのことは当てはまらないかもしれない。

 メルボルンでは多くのスタッフ、優れた研究環境の下で2年9ヶ月で300ページに及ぶPh.D.thesisを書き上げた。これは未だ破られていない最短と聞いている。早いがいいとは思わないが、日本を背負った気概で頑張ったのが私たちの世代である。Common WealthでPh.D.を取得したのは岡大120年の歴史で私が最初であったことを後日聞き、誇りに感じている。Ph.D. thesisは、3年間の研究成果を4編のpublicationと一冊にまとめたもの。これで3人の学内外レフリーの査定を受ける。【写真3】


 これらの経験が以後の私の思考過程に大きな影響を与え続けている。今の若者は内向きといわれている。外に打って出て多様な価値観を身に着けるべきである。当時私共は日本で長時間働いて結果を出していたが、メルボルンでは研究システムが整備されていて、短時間で同じ成果を出していた。昔の日本の医局制度は医者は“タダ”で使え、従って実に無駄な動きが多かった。即ち組織にシステムが機能していなかった。今も基本的には変わっていないと思う。そのつけが医局崩壊につながり、かつ新たな制度を産む障壁になっていると思うが、いかがであろう。







[写真2]Monash 州立大学の免疫病理学教室のメンバー








[写真3]Ph.D.thesis



5.大学帰局

 ベーチェット病の結節性紅斑。発生24 時間以内には局所にリンパ球、マクロファージのみで、好中球は見られない。このあと急速に好中球浸潤が起こる。【写真5】

 昭和48年2月帰局。

 研究環境のあまりの落差に愕然とし、研究意欲が急速に萎えていった記憶が鮮明に残っている。しかし周囲の期待と自分の内なるものとの葛藤が激しく、目標を失っていった時代である。しかしこの間に行った主な業績は私のライフワークのひとつであるベーチェット病についてである。当時ベーチェット病は好中球病の代表とされていたが、患者の結節性紅斑の極く初期像(24時間以内)にはリンパ球のみ浸潤し、紅斑が可視化した後で好中球が出現することに気づいた。このことは紅斑はリンパ球により誘導され、好中球の出現によって完成されることを意味している。これらデータは1980年第一回世界ベーチェット病ロンドン国際会議の場で発表した。その際、活性化されたリンパ球よりリンフォカインが産生され、それが局所に好中球を呼び込み(ケモタキシス)炎症が波及し、結節性紅班が形成されるとの仮説を提示した。現在この考えは定説となっている。即ちベーチェット病とはT‐リンパ球の過剰反応性に基づくサイトカインの産生による好中球の機能(活性酸素産生、遊走能)の亢進であると定義されている。30年の時を経て近年の抗TNFα抗体(インフリキシマブ、商品名:レミケード)によるベーチェット病治療への道を開かれ、それらの基礎データを提供していたことになる。これら事実は昭和52年度(1980年)厚生省特定疾患ベーチェット病研究班の業績集に“組織浸潤細胞よりみたベーチェット病の成因に関する考察”と題して上梓し(1)、1980年のロンドン国際ベーチェット病会議でも発表し、1981年刊行の“Behcet's Disease”にも2編が上梓されている。(2)(3)厚生省は1995年、公式見解として厚生省班会議の結論の形式を取っているが、私の業績を認知している。


 72歳を過ぎた今もリウマチ・膠原病外来を続けているが、これら一連の事実を改めて公にすべきではないかと感じている。即ち、ベーチェット病は好中球病の代表として永らく信じられて来たが、私がリンパ球病だと明確な根拠を示してその概念を覆したわけであり、そのことは近年発表されたベーチェット病の眼症に対するレミケード療法でも明確に裏付けられた。(4)我が国で30数年前に提唱されたベーチェット病の病因の根幹に関わる研究成果が放置されていることは日本の大きな損失であるとさえ感じている。【写真6】

-------------------------------------------------------------

(1)山名征三、青井克行、山本道教、他,組織湿潤細胞よりみたベーチェット病の成因に関する一考察,厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班,昭和55年度研究業績集,214-219,1980

(2)S.Yamana, K.Aoi, M.Yamamoto, and T.Ofuji,Studies on the Pathogenesis of Behcet's Disease:Is Behcet’s Disease Mediated by Mononuclear Cells? Observation of Early Infiltrated Cells in the Site Of Erythema Nodosum., Behcet's Disease, ed. by G.Inaba, 459-468, 1982

(3)S.Yamana, K.Aoi, M.Yamamoto, and T.Ofuji,Studies on the Pathogenesis of Behcet's Disease:Is Behcet's Disease Mediated by Mononuclear Cells? Increased Chemotaxis of Peripheral Blood Monocytes in Patients with Behcet's Disease.,Behcet's Disease, ed. by G.Inaba, 469-475, 1982

(4)Sfikakis PP, Theodossiadis PG, Katsiari CG, et al. Effect of infiximab on sight-threatening panuveitis in Behcet's Disease, Lancet, ;358:295-296, 2001