top of page

市民公開講座『「うちげでいきたい」を見て、人生を語ろう』を開催しました。




 2024.1.27(土) 岡山大学 鹿田キャンパス 医学部鹿田会館 講堂 にて

市民公開講座『「うちげでいきたい」を見て、人生を語ろう』を開催しました。

 講師は、鳥取大学医学部で家庭医療専門医でありながら、大山地域で家庭医として活躍、

また今回上映した映画の監督も務められました 孫 大輔 先生です。(写真中央)


 今回は市民公開講座ということで、近隣の地域の方にもパンフレットを配布し、

医療従事者だけでなく、さまざまな方々に来ていただくことができました。


 映画のタイトルの「うちげ」とは、山陰の方言で『自宅』という意味だそうです。

そして、敢えてひらがな表記にしたという「いきたい」には『生きたい』と『逝きたい』、

両方の意味が込められているということを教わりました。


参加者の感想には「死に方ではなく、生き方として残りの人生を考えていきたい」、

「この機会がきっかけで、家族とどう生きるかを話し合おうと思った」などの感想を

いただきました。


講演いただきました孫先生、ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。









16 views0 comments

Recent Posts

See All

コメント


bottom of page