top of page

地域医療部会 200回記念懇親会


岡村一心堂病院理事長の岡村暢大です。2023年7月の良き日に部会の200回記念懇親会を開催しましたので、ご報告をさせていただきます。 まずは地域医療部会についてです。2006年6月に設立されたNPO法人岡山医師研修支援機構の総会で、水島中央病院中務先生(当時院長)から中小病院の部会を作る提案がなされ、6名が参加意思を示しました。2004年春から始まった新医師臨床研修制度での中小病院の危機感が皆を集めたとうかがっています。 2006年9月に第1回地域医療病院部会(当初の名称)を開催、以来毎月第1水曜日に岡大医学部の会議室で開催していました。コロナ禍では2回の中断を挟みましたが、オンライン開催を挟んで現在はハイブリッドで開催しております。オンサイトは岡山県医師会のご協力の元、岡山県医師会館、岡大医学部マスカットキューブを使用させていただいています。この場を借りて御礼申し上げます。 部会参加者は多岐にわたり、岡山県病院協会関係者や教授、看護協会関係者、県や保健所の行政関係者、社会保険労務士、弁護士、メディアなどが参加し、意見交換の場として重要な役割を果たしています。話題は、診療報酬改定、新型コロナ対応、経営や雇用問題など幅広く、問題の共有と解決提案がまさに現場視点で多業種からなされる全国でも稀有な場となっています。登録メンバーは現在140名、毎月の部会は35-45名の方が参加しており活発に活動しています。


部会初期メンバーの一人に私の父親(当院初代理事長)がいたこともあり、部会の皆様にはとても可愛がっていただいております。部会の世話人のような役目もいただき、感謝しております。皆様への恩返しの想いもあり今回の記念懇親会を企画させていただきました。


日本医師会常任理事江澤和彦先生が理事長を務められる倉敷スイートタウン内のレストラン・シャルルにて開催、35名に参加いただきました。


まず部会長の金光病院理事長難波義夫先生(岡山県病院協会会長)からご挨拶いただき、立ち上げメンバーの一人金田病院理事長金田道弘先生から部会立ち上げの経緯(内容の一部を上記に使用)をお話いただき、懇親会が始まりました。過去の部会のスライドショーを見ながら会話や料理を3-4時間ほど楽しみました。江澤先生からの振舞い、ワインとシャンパンはワイン好きの方々が驚愕する品々で、記念のケーキは巨大な上に飾りはまさに芸術品の美しさでした。バズーカクラッカーの演出など、高砂があればもう誰かの結婚式と見紛う程の豪華さでした。最後は部会名物の1分間スピーチを皆さんにしていただき、これからも部会を第300回まで継続、再度記念会をすることを誓い閉会となりました。


ご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。これからもこの素晴らしい会が存続するよう祈念いたします。


2023年9月



45 views0 comments

Comments


bottom of page